>記事一覧>かかりつけ内科を持っておこう!万が一のときは専門医を紹介可能

かかりつけ内科を持っておこう!万が一のときは専門医を紹介可能

カウンセリング

通いやすい内科や外科を探してみよう

通いやすい内科や外科といった、かかりつけ医を決めておきましょう。健康管理や体調が優れないときなどに相談することができます。
とくに内科と外科、歯医者などはかかりつけ医を決めておくと軽めの病気やケガの対応をしてくますし、整った設備がある病院や手術が必要な場合には専門医を紹介してもらうことができます。墨田区や中央区など東京には内科クリニックが豊富にありますが、大きな病院では紹介状の持参を告げられることも増えています。大きな病院の利用が必要になっても、かかりつけ医では紹介状を作成してくれます。

内科と外科の違いを比較

体調不良のときには内科を利用

内科では、風邪や胃などの内臓など体調不良を薬物などを使って治療していきます。薬だけでなく、ときには食事療法や運動療法を指導して時間をかけて改善していくこともあります。

手術やケガの治療をする外科

外科は病気を手術で腫瘍などを摘出する治療をしたり、突き指や骨折などのケガを治療します。そのため、薬を使って症状を改善する内科とは治療法が違ってきます。

適切な治療を受けよう

いろんな病気がある中で、もし末破裂脳動脈瘤が見つかったときには、経過観察、脳動脈瘤クリッピング術、血管内手術と3種類の治療方法が適用されます。部位や大きさなど患者さんによって症状はそれぞれ異なります。一人一人最良の治療は、それぞれ方法や危険性などの医師が説明します。医師と共に治療方法を選択していきましょう。

内科や外科で治療できる病気の種類

医師

日本人に多いがんは外科での治療

がんは日本人の多くが発症する病気です。外科で治療を行いますが、手術と化学療法そして放射線治療だけでなく、近年免疫療法という治療法も選べるようになりました。

下肢静脈瘤の治療は外科にて手術

足の静脈が太く浮き出る下肢静脈瘤は、症状によって大きく4種類に分けることができます。治療法は保存的治療や硬化療法がありますが、手術は外科で行われます。

女性の多くが悩む貧血はまずは内科を受診

特に女性の多くが悩む貧血は内科を受診しましょう。サプリメントで手軽に鉄剤も摂取できますが、貧血は婦人科系や内臓からくるものなどさまざまな原因があります。そのため、原因が判断されてから適切な治療を行っていくのです。

内科と外科の協力がいる頭痛やしびれ

脳や脊椎、神経などから頭痛やしびれなどの症状が現れたときには、神経内科を受診しましょう。
診察後、手術になるケースも少なくありませんが、その場合は脳神経外科や整形外科など外科に引き継がれます。

広告募集中